契約するまでの打合せのプロセスは「申込書打合せ建築請負契約」という会社もあれば、「打合せ建築請負契約」という会社もあり住宅会社によって違います。契約後にトラブルが多い会社は「契約した後も図面や設備仕様の打合せをしている」という特徴があります。これは打合せのプロセス(=家づくりの仕組み)に問題があると言えます。

「仕様打合せが契約後で、予算オーバーになった」「地盤改良工事が追加になった」など、契約した後に図面や設備仕様・金額が変わってしまうことはトラブルの元です。「プラン依頼計画打合せ設計契約詳細打合せ建築請負契約」など、キチンとしたプロセスを経て打合せを行い、「建築計画のすべてが決まってから建築請負契約をする」ようにしましょう。