家族が住宅侵入犯罪に遭わないために、設計段階から犯罪者に狙われにくい工夫をすること、それが「防犯デザイン」です。いまの犯罪者はモノを盗むだけではなく、盗聴器や盗撮器を設置して情報を盗み、時には家族の命まで奪います。だからこそ、住宅の防犯デザインはとても大切です。住宅侵入犯罪に遭う家は、犯罪者から見て「入りやすい家」という明確な理由があります。その理由のひとつが「2階に上がりやすい縦樋」です。2階のバルコニーや屋根に上がりやすい位置に縦樋を付けない、縦樋と外壁のすき間を無くして手が入らないように施工するなど、縦樋の取付け方を工夫するだけで有効な防犯対策になるので、新築住宅を建てる際には、ぜひ取り入れてください。