庄内(鶴岡-酒田)・宮城県 住む人の人生に価値をプラス「プラスになる家づくり」山形・宮城の家づくりはTOWA+へ

想像以上のアイディアと柔軟な対応力


2016年9月完成

出会いは資料請求

家づくりのキッカケは、子供が産まれてアパートが手狭になったことです。自分たちで土地を探し、複数の住宅会社を見て回り、建てたい住宅のイメージ画像を収集するなど、決して住宅会社任せにせず、細部にまで具体的なイメージを持って家づくりに臨みました。他社で図面と見積もりを依頼していましたが、追加オプションが高額だったり、住宅ローン代行サービスが無かったりと、検討を躊躇していた中、Web検索で見つけた十和建設に興味を持ち、資料請求したのが担当の角田さんとの出会いです。

入居済みのお施主様宅を見学

十和建設を検討する際に参考になったのが、入居済みのお施主様宅を見学するエスコートホームです。実際の空間や使い勝手を見たことで、シューズクロークなど、自分たちの家に採り入れることができました。またお施主様から「大切なのは担当者とのコミュニケーションです。自分たちの話を汲み取ってくれる人じゃないと、いい家ができないですよ」と貴重なアドバイスもいただきました。担当の角田さんは、要望を的確に取り入れるだけではなく想像以上のアイデアがあり、私たちが用意した屋根のオーナメントも、施主支給を受け入れない会社が多い中、快く取り付けていただくなど、とても楽しく家づくりができました。一部、特殊なサッシの注文を間違えて取りつけていましたが、実際に現場を見て「この方が家に合っている」と思い、そのまま採用することがありましたけど、結果的に良かったです。

真冬でもエアコン1台で暖かく快適

1階リビングで暖めた空気を程よく2階へ上げるために、階段室の垂れ壁をR状に調整して、エアコン1台で家全体が均一に暖かくなる工夫をしました。冬場でも温度差が無く快適に暮らせます。

ひと工夫した収納計画

シューズクロークはたくさんある主人のマラソンシューズを状態良く保管することができる大容量収納。LDKと1階廊下の両方に扉を設けた2WAY収納は、モノを出し入れしやすく、奥までムダなく仕舞えるアイデア収納です。1階和室は
LDKとの続き間で、当初の希望を叶えた一室。和室の南側に設けたサンルームは、洗濯物を干しても来客時にロールスクリーンで隠せるので便利です。

アクセントクロスで変化のある空間づくり

ホワイトカラーをベースに、明るく清涼感がある私たちが好きな色のパステルグリーンをアクセントにした内装デザインに仕上げました。淡い色なので違和感がなく自然なアクセントになっているのがお気に入りです。玄関の壁にはガラスブロックを埋め込んだり、ニッチを設けたりと、見た目にも楽しめる工夫を取り入れました。水廻り動線も近く、直線で動けるので家事がしやすいです。


住み始めてから、家の中を子供が元気に駆け回って楽んでおり、遊びに来た方から「家の中が明るいね」と言われるのがとても嬉しいです。私たちの要望を叶えながら、利便性や快適性を考えた非常に細かいところまで提案していただきありがとうございました。おかげで大満足の家ができました。


PAGETOP
Copyright © TOWA+ All Rights Reserved.