庄内(鶴岡-酒田)・宮城県 住む人の人生に価値をプラス「プラスになる家づくり」山形・宮城の家づくりはTOWA+へ

大切なのは担当者との相性


2016年5月完成

担当者の人柄と安心感
住宅会社選びで最も大切にしていたことは「担当者との相性」です。住宅会社周りをはじめたとき、多くの会社が「建ててあげますよ」という姿勢で残念な思いをしました。そんな中、女川町の復興住宅見学会に足を運び、出会ったのがTOWA+(十和建設)の阿部さんです。私たちに真摯に向き合い、一つ一つ丁寧に答える阿部さんの人柄や家づくりの姿勢に安心感を覚え、そこからTOWA+の見学会に何度も参
加して、打合せを重ねました。

毎回楽しみだった打合せ

当初は石巻市内で土地を探していましたが、女川町の高台移転の代替地に当選。そこからより具体的に建築計画が進みました。インターネットや雑誌などでさまざまな知識を蓄えていたため無数のアイデアが生まれ、最初は平屋を検討していましたが、間取りや部屋数を考えて2階建てにしよう、洗濯物が見えるベランダのある家はつくらない、人と違う個性的な家をつくりたいなど、事前に考えていた要望を阿部さんがしっかり受け止めて的確にアドバイスをしてくれたので打合せがスムーズに進み、今でも「また打合せがしたい!」と思うほど楽しかったです。

約2年を費やしたこだわりの家

住み始めてから気づくことも多く、スイッチやコンセントの位置はもう少し考えればよかったと思いましたが、それ以外は、市販の石油ヒーターひとつでLDK全体が暖まるほど断熱性が高く住み心地は快適です。収納も多く、2階のミニキッチンは子育てに便利で重宝しています。阿部さんの出会ってから約2年を費やして完成したこだわりの家。友人や知り合いの方から「いい家だね」「TOWA+を早く教えてほしかった」とよく言われるがとても嬉しいです。

暮らしを見据えた空間づくり

計画中にほぼ間取りが決まっていたとき、途中でキッチン併設のパントリーを増やしました。何でも仕舞えるので追加して正解です。玄関のシュークロークや洗面室に続くドライルームの収納など、子供が成長するに連れてモノが増えても安心です。木目調の暖かみのある内装もお気に入りで、落ち着きがあり、ゆったりと寛ぐ空間になりました。ダイニングの小上がりは、ゴロゴロしながらTVを見ることができ、キッチンカウンターの椅子代わりにもなる便利な場所です。

子育てに配慮した設計

何かと水を使うことが多い子育てに、2階のセカンドリビングに設けたミニキッチンが役立っています。お酒などの飲み物も常備して、2階でもゆっくり寛いでいます。勉強机になる子供部屋の造作ビルトインカウンターは、いずれ使わなくなる勉強机を買うことなく、収納棚として使用することも可能です。2階各室の窓外には、布団干しができるバーを設置しました。


家が完成した年に子供が生まれ、この家と同い年です。子育てもしやすく家族みんな快適に暮らしています。完成まで約2年、じっくり時間をかけて建築計画をしましたので、予算内で多くの要望を取り入れたこだわりの住まいをつくることができました。TOWA+には感謝の言葉しかありません。阿部さんが担当で本当によかったです。


PAGETOP
Copyright © TOWA+ All Rights Reserved.