庄内(鶴岡-酒田)・宮城県 住む人の人生に価値をプラス「プラスになる家づくり」山形・宮城の家づくりはTOWA+へ

どんな要望も受け入れる対応力と技術力


2015年3月完成

自分で設計した家

私の仕事は設計士です。自分で設計した自宅の設計図面を工務店やハウスメーカーに持ち込み、施工の依頼を相談しましたが、どの会社も「大変そうだ」と思ったのか受け入れてくれませんでした。十和建設を知ったのはWeb検索で見つけたホームページです。掲載されている建築実例を見て「感性に合う」と思い、早速連絡を入れて店舗に伺いました。設計図面を見せて、率直に「できますか?」と伺ったところ「やってみましょう」との回答でしたので、打合せを進めることになりました。打合せを進める中で、どんな要望にも前向きにできる方法を考えてくれたことが決め手になり、「この会社なら大丈夫」と依頼を決断しました。

妥協のない家づくり

造作家具の細かい寸法など、一つ一つ強いこだわりを持った詳細な設計図面で、打合せから施工まで苦労したと思います。決められた予算内で妥協のない家づくりができたのは、担当の佐藤さんをはじめ、スタッフのみなさんの対応力と、職人さんたちの技術力・施工力の賜物です。

毎週施主検査を実施

自分で設計した家ですので、施工が始まってからは、ほぼ毎日現場に足を運び、仕上がりや納まり具合をチェックしました。また、現場打合せや施工検査を毎週1回行い、十和建設のスタッフと職人さんたちが一緒になって知恵を出しながら堅実な施工ができたので、施主として非常に安心でした。外壁材が無塗装板に撥水材を塗布する特殊な仕上げで、十和建設のスタッフたちが総出で塗っていたことなど、施工中のエピソードは数えたらキリがありません。一生の想い出に残る大満足の家になりました。

シンプルで独創的な空間づくり

コンセプトはシンプルの暮らし。造作と持ち込み家具を使い分けて、独創的な空間を創ることができました。空間に変化を持たせるためキッチン前の袖壁を内装用のジョリパットで仕上げ、エアコンを目隠しするルーバーを造作しています。キッチン収納は凹凸を無くして見た目をスッキリさせました。畳スペースは程よい広さで下部に収納を設置。黒いラインの樹脂パネルをアクセントにしています。階段はアルミの手摺りを造作。壁一面を使った本棚は既製品を組み込んでおり、寸法に合わせて大工さんがスペースをつくってくれました。

こだわりの造作品

北側正面の外観は、外から室内が見えないよう防犯面の工夫をしており、縦のルーバーがアクセントになっています。玄関アプローチは土間続きのコンクリートステップを制作。玄関ドアもこだわりの造作品です。玄関を入ると、宙に浮いたような造作階段と、視線が中庭に抜けるFIX窓で、両方から明るい光が届く工夫をしました。


震災復興の影響で、売地が少なくなってきた中、良いタイミングで土地が見つかりマイホームを建てることができました。打合せ中も現場がはじまってからも、スタッフと職人さんが親身になって対応してくれたのが嬉しかった
です。私たちの要望に100%応えてくれた家づくりでした。いつでも遊びに来てください。


PAGETOP
Copyright © TOWA+ All Rights Reserved.